古今洋歌集

…力をも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をも哀れと思はせ、男女の仲をも和げ、猛き士の心をも慰むるは、それ歌なり。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CURRENT MOON
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
Blog People

コヤツを登録 by BlogPeople

 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
When I Was Fifteen (2)  アーロと親父
15歳の頃に聴いた歌。続きです。HOT MENU'73にも収められていたアーロ・ガスリー。1972年の4作目LPが「ホーボーズ・ララバイ」。日本盤アナログLPは、エンボス加工の厚手紙ジャケットの中央に別刷り写真が張り附けてありましたっけ。1曲目からライ・クーダーのボトルネックが迫ってきます。この中からのシングルカット「シティ・オブ・ニューオリンズ」は、アーロ初のメジャーヒット。City of Neworleans号という名前の列車に乗ってアメリカを旅する歌ですね。シンガーソングライターのスティーブ・グッドマン作。
 アルバムタイトルになっている「ホーボーズ・ララバイ」は、アーロのお父さんウディ・ガスリー(オクラホマ出身1912-1967、アメリカン・フォークソングの父)が大好きで良く歌っていたという古いフォークバラッド。息子アーロは、父が亡くなった1967年に「アリスのレストラン」でデビューしとります。で、4作目LPのラスト曲として、親父さんの好んだ歌をとてもとても丁寧に歌っている。父への想いが聴こえてくるようであります。


★アーロの公式サイト
http://www.arlo.net/
★映画「ウディ・ガスリーわが心のふるさと」
www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2528
★ブッシュとケリーの喧嘩を描いたパロディアニメに…ウディ・ガスリーの有名な「わが祖国(This Land)」がBGMに
hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040730205.html
★「ホーボーズ・ララバイ」歌詞Lyrics On Demand(ここはけっこう便利)





スポンサーサイト
- | 18:07 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tadyoshida.jugem.cc/trackback/46
 
SPONSORED LINKS

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"