古今洋歌集

…力をも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をも哀れと思はせ、男女の仲をも和げ、猛き士の心をも慰むるは、それ歌なり。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CURRENT MOON
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
Blog People

コヤツを登録 by BlogPeople

 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
We Just Play… コールポーターの映画

宅配レンタルで「五線譜のラブレター」を観た。



コール・ポーターの半生記だ。
原題「DE-LOVELY」は、コールの作曲した「It'S De-Lovely」から取ったもの。
凝りすぎでわかりにくいが,邦題もこれまた情けない。

しかし、内容はひどくない。私は好きだ。「シカゴ」のような、
エログロ&カロリー過多のミュージカル映画とは違う。
むろんカロリー過剰だが、そのなかに和食の陰影もある。

ハリウッドの鋪道に名前のある御大アーウィン・ウィンクラー自身の
監督/製作だから、さすがに「引き算」もできるのじゃなかろうか。
あるいは、予算が足りなくなり「引く」しかなかったか?

映像は、全体に「つくりもの」感が丸出し。
たとえば、冒頭のパリのパーティ場面では、バルコニーから眺める夜景は、
エッフェル塔と花火。これが、いかにも「つくりもの」だ。
この映画自体が、ショー(舞台)なのだから、当然だね。
このショーの演出家という役回りが、ジョナサン・プライスだ。
この人、王立シェイクスピア・カンパニ出身だそうだ。

しかし、凝った、やや小賢しい構成ではある。
観客をイライラさせるほどに、現在(じいさんになったコール)と、
伝記上の若いコール(ケビン・クライン)が交互に現れる。
ほんとは、両方ともケヴィン・クラインだけどね。
メイクに5時間かかってるらしい。

ミュージカルに慣れ親しんだ人間なら、この凝った構成が楽しいのかも
知れないが、こちとら歌舞伎・浄瑠璃・能しか見ないから違和感ありだ。

続きを読む >>
幽霊もオナラするのかしら?

韓国映画「八月のクリスマス」を宅配レンタルDVDで観た。
シム・ウナとハン・ソッキョ
これ、名作である。よくあるケレンの多い韓国ドラマ(映画/TV)とは全く違う。
日本人の感性に合う(感情爆発のシーンが少ない)作だから、
長崎俊一監督で、日本リメイク版(山崎まさよし主演)したのも納得できる。この9月公開だ。
ラストシーンが冬だから、9月公開でいいんだな。

韓国のケレンってのは。
決定的に重要な場面で、主人公が交通事故に会う→イルマーレ(イ・ヒョンスン監督、
チョン・ジヒョン主演、映像美を追求した名作)や、
すぐに記憶喪失になる→天国への階段、冬のソナタなどである。
それに「実は親子であった、兄妹であった」など、なんと偶然や「あり得ないこと」が
多いことか!これは、まるで歌舞伎の展開じゃないか(これは褒め言葉)。

ほんの少しの誤解がモトで、主人公(男または女)が死んでいく。
愛する男女が、実は(母は違うが)兄妹であった。

脚本は、まっことにバカバカしいが、それをカバーして有り余る、シーン、演出、
セリフ等の美しさ。それは圧倒的ですらある。
演技の感情表現も、歌舞伎に似た点が無きにしもあらず。

続きを読む >>
カンパリ茶のごとき映画

ちょっと未来派のカンパリ

本日も晴天なり。二日酔と寝不足を解消するため、軽〜い迎え酒を。
カンパリ・アイスティーって奴だ。

はい、紅茶を濃いめに入れます。
それを、アイス・ティーにしますね。
次に、カンパリを適量入れる。
最後に、飾り氷を浮かべる。で、完成。


続きを読む >>
掛合の歌(2)もはや純愛ではなく
掛け合いの歌。ベット・ミドラーとトム・ウェイツの「I Never Talk to Strangers」は、前回の古き良き「外は寒いよ」時代から20年の月日が流れた、1970年代後半のアメリカンスケッチ。

女性(ベット)がひとりでバーにやって来て、バーマンにカクテル“マンハッタン”を頼むところからが始まる。恋の夢に幾度もだまされていながら、やっぱり独りは淋しい。でも、男に声をかけてもらうためにバーに来たんじゃない(と強がりたい)。

男(トム) 「僕らどこかで会ったことあると思うんだけど…」と声をかける。
女(ベット)「そんな古い手にひっかからないわよ、昨日生まれたわけじゃなし。
       それに私、見ず知らずの人と話なんかしない」

男 「知り合ってみれば、俺ってそんなワルい奴じゃないぜ…」
女 「あんたの人生なんてどうせ薄っぺら。この街、あんたみたいな男ばっかりね」
男 「そんな強がったって、アンタ彼氏にふられてツラいんでここに飲みに来たんだろ」

こんな会話をしているうちに、この2人は
「行きずりの恋に落ちるのは、お人良しの間抜けだけ〜」とわかっていながら
「もう見ず知らずの2人じゃない〜」と最後には仲良くハモッてしまうのでありました。

トム盤「フォーリン・アフェアーズ」とベット盤「ブロークン・ブロッサム」に同じトラックが収録されてます。

トム・ウェイツ(とベット・ミドラー)のファンには、よく知られた曲だと思う。一説によると、この曲のようなヒトクセある男女のラブストーリーをアルバム1枚分にして、同時に映画も作ろうというプロジェクトがあって、それがF.コッポラ監督の「ワン・フロム・ザ・ハート」(1982年)だったらしい。「地獄の黙示録」から3年後の作ですね。ロマンチックな純愛ものではありません。

映画は、監督自身のスタジオ(ゾエトロープ)にラスベガズの豪華セットを作るなど、大金を投じたシーンの数々は立派だが全体の出来としては月並み。とても素晴らしいタイトルバックと、ナターシャ・キンスキーが出てくるシーンだけが印象に残った(と私は思う)。

で、映画を救っていたのが、トム・ウェイツの書いたやや甘めの「掛け合い曲」の良さ。コインが回る擬音で始まるのがいい。この頃は、ダミ声も過度になっておりません。サントラ盤は、トムとクリスタル・ゲイルが歌った。当初はベット・ミドラーでいこうかという話もあったようだが、スケジュールだか何だかでクリスタル嬢に。ベット姐さんとトム兄さんでは、アクが強すぎるアルバムになっていたでしょう。

★もっと古くは…ピエール・バルーとニコル・クロワジールの歌う「男と女」サントラ盤。これも「掛け合い」の定番。このサントラ、レコードではフランス語を英語に「吹き替え」てピエールとニコルが歌った英語圏ヴァージョン(United Artists盤)が出ていて、私はこっちもよく聴きました。
SPONSORED LINKS

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"