古今洋歌集

…力をも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をも哀れと思はせ、男女の仲をも和げ、猛き士の心をも慰むるは、それ歌なり。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CURRENT MOON
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
Blog People

コヤツを登録 by BlogPeople

 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
鋼琴愛

ピアノはかって洋琴とも記されたが、中国では鋼琴だとか。
鋼の秋も良かろうと、CD棚を掘り返しピアノものを探すが、
「もののあはれ」という日本の秋の趣に合う盤は少ない。

日本人はピアノ好きとの通説があって、その贔屓先も
ショパン、ドビュッシー、リスト、フォーレ、サティ
ミケランジェリ、サンソン・フランソワ、グレン・グールド
ビル・エヴァンス、キース・ジャレット、
ジョージ・ウィンストンとウィンダムヒル一派
坂本龍一、久石譲、加古隆、アキコ・グレース、綾戸チエ、原ひろみ、多士済済である。

お嬢様方の支持が多いからか、
「貴公子」と形容されて売り出される優男ピアニスト連が
ブーニン、ティボーテ、リチャード・クレイダーマン、近々ではマキシムと居て、
「ピアノの貴公子シリーズ」と銘打ち市場に出している業者商人もある。

話転じて、日本人より日本の心根を知るドナルド・キーンは、
20年ほど前に母国で「日本の文芸」について易しく講演し、
それが本となり日本語にも訳されている(「古典の愉しみ」大庭みな子訳)

キーン先生は徒然草を例に取り「日本の美学」として4つの価値を示している。

1. Suggestion … 暗示、ほのめかし、絶頂より「始め」と「終り」に心寄せる
2. Irregurality … 不均整、緩み、ばらつき、綻び、くずし、あえて完全を避ける
3. Simplicity … 簡素、侘び寂び、控えめ、ほのか
4. Perishability … 無常、うつろい、はかなさを愛でる

詩(短歌俳句)にも散文にも能歌舞伎狂言にも基層にこれらがあると。
さて、上記美学をふまえて私好みのピアノは

1. 音数が少ない(間がある)
2. 華麗な技巧アルペジオ、トリル、グリッサンドがない
3. 曲の構成がドラマティックでない(盛り上がらない)
4. 短く物憂い

を基準とする偏向なもので
これを最も感じるのは、ロジャー・イーノ(Roger Eno)となる。
彼のアルバムは弦楽器や歌とタイプの異なる曲を集めているので、
いくつかのCDから、ピアノソロを集めてCD-Rに焼いてみた。



1作目、1985年の「VOICES」で、題名にあらず歌なし。
兄貴ブライアンが、アンビエント音楽を盛んに出し
話題を集めた時期に紛れこっそりと出た。
エコー過多に処理されているのがもったいないか。
「もののあはれ」度は、松竹梅で云うなら梅か。



2作目、個性を明らかにした「BETWEEN TIDES」で
1986年録音(主にアビーロード・スタジオ)。
まるで小津映画のサントラのような、俗っぽさ清清しさ諦観が入交じる。
「もののあはれ」度は、竹かな。



3作目、じぶんでつくったレーベル(All Saints)から1992盤「THE FAMILIAR」。
ケイト・セントジョン(Kate St.John)との共作。
ピアノソロに近い曲はあまりない。なぜかビル・ネルソンのプロデュースだ。
「もののあはれ」度は、梅にしておく。



5作目、1994年盤「LOST IN TRANSLATION」。
どれも未完成な断片のふりをしながら聴者を無抵抗にしてしまう19曲を収録している。
「もののあはれ」度は、松としたい。
CDに焼いた曲はここから最も多く選んだ。

ウォン・ウィン・ツアンヴラディミール・コスマ、中川俊郎も1曲ずつ加えてみた。
愛国心首相が誕生した秋の夕暮れに、
かくて中年男はこっそり「物憂きピアノ愛」に浸る。相当キモいな。

「愛」について書くつもりが、そこまで辿りつけなかった。次回。

◆フジ子ヘミング1位、ユンディ・リ2位…あるサイトの好きなピアニスト投票(投票数2300)

◆ロジャー・イーノ ジャケット担当…ラッセル・ミルズ(Russel Mills)

◆徒然草の「もののあはれ」と「無情」…松岡正剛

1月5日生まれの3人…ミケランジェリ(1920)、ブレンデル(1931)、ポリーニ(1942)、

軟岩もの(ベッチャとかアッシャとかメルチャとか)

昨夜の3丁目の火事は驚いたな、ツノちゃん。
龍へ行ったら、えらく混んでたぞ。

軟岩(ソフトロックね)の基本盤は、以下であるよ。

カート・ベッチャーもの
ミレニウム1968 / There's Nothing More To Say

ゲイリー・アッシャー+ベッチャーもの
プレゼント・テンス 1967

テリー・メルチャー(ドリス・デイ17歳の時の子)もの
日本盤、名コンピレーション!

テッド・テンプルマンもの
シークレット・ライフ・オブ・ハーパーズ・ビザール 1968

一昨年の記事だが、こういうのもある。
どれもこれも、シンガ・ソングライタ登場前。テンプルマン以外、みな死んだ。

コンピレーション名盤

ブラジルのコンピレーション名盤。

Cores Do BrasilシリーズのSAUDADE

1991年もの。英国盤。
エリス・レジーナ、シコ・ブアルキ、マリア・クレウザ、
トッキーニョ、ヴィニシウス、ジョイス、エドゥ・ロボが2曲づつ。

20曲、73分。

ジョイス“Primavera”
シコと妹クリスティーナのデュエット“Sem Fantasia”、
クレウザとヴィニシウスの“Eu Sei Que Vou Te Amar”、
ノヴォス・バイアノス“Acabou Chorare”、
ジェラルド・バンドレー“Rosa Flor”
締めは、トッキーニョ、ヴィニシウス&マリア・ベターニャ共演の“Aelo”

中古店等で見かけたら、ぜひ。(今日はヒネリのない記事だな)

東京ローズに息子はいたか?

音楽ブログの大御所jm's myTasteを覗かせて戴くと、
ボズ・スキャッグスの名作「Fade Into Light」に触れていた。
1996年盤

私は8〜9年前、三鷹の名店「パレード」で買った。今回、初めて日本盤ライナーを読んだが、
このアルバムができたイキサツはない。日本主導とは思うが。

ボズの「やるせなき高音の声の魅力」がたっぷりつまった、
アメリカン浪速節とでもいう雰囲気が全編に横溢(笑)している。
Amazonレビューで「音楽的冒険はない」というのがあったが、その通りそれで良し。

バックを固めるミュージシャンも良い。たとえば…

続きを読む >>
掛合の歌(1) 外は寒いよ
立春でありますが、寒いですね。鹿児島にも積雪だそうです。私は干支は戌ですが猫よりも寒さに弱く、ブログもただいま半冬眠状態に入っております。
「外は寒いよ」はデュエットソング(というか、女性が独り言のように歌うところに男がからむ)。“Baby,It's cold outside”という冬の夜のスタンダードであります。女性が「もう夜も更けたし家へ帰らなきゃ」と言うのを、男が「いや、外は寒いよ」と引き止める。ごくごくシンプルで暢気で愛らしいアメリカン・ソング。歌を書いたフランク・レッサー(Frank Loesser)夫妻がハリウッドのパーティ等で歌って評判を呼び、それがキッカケで世に出た歌だとか。

「I really can't stay」とか「My mother will start to worry」とか言って帰ろうとする娘さん。男は、外は嵐だ。タクシーもない。風邪引いて死んじゃうよ、などと言いつつ「Your eyes are like starlight now」とか「Your lips are delicious」とか歯の浮くような言葉で畳み掛ける。「あなたの呪文のような言葉から逃れたいわ」と言いつつ結局「じゃあ、飲み物をもう半分だけ戴こうかしら」となる展開。ミュージカルの舞台にうってつけです。

ダイナ・ワシントン、エラ・フィッツ、ディーン・マーティンなどなど色んな人が歌ってます。芝居気を出しすぎると娘が「大いなるカマトト」になってしまうので、私好みとしてはサラっと歌うのがよく、ダイナ・ショアとかジョー・スタッフォードあたり。去年の秋出たロッド・スチェワート盤(The Great American Songbook第3集)での相手は、なんとドリー・パートンでした。確かにアメリカンだもんな…。レイ・チャールズ盤(1961年)の相手はベティ・カーター。この時ベティさん31歳。出してはる「可愛い声」がいやはや何とも。

★フランク・レッサー自作自演盤…『Frank sings Loesser』『An Evening with…』。へえ〜、これは初めて知った。こんな録音もあるんですね。後者は舞台用に作ったデモらしい。

★「赤ん坊それは冷たい外側である」…ロッド&ドリー盤の歌詞をグーグルの翻訳画面で見たら、こうだった。ついでに、こんなのも出る。

「赤ん坊私はあな たほしいほしである」…ブレッド“Baby,I'm-A Want You”
「私の赤ん坊がありなさい」…ザ・ロネッツ“Be My Baby”
「Gee の赤ん坊, i はあなたへよくないか」…“Gee Baby, Ain't I Good To You?”
「"私は赤ん坊" あなたをやめることができない」…“I Can't Quit You,Baby”





JMさん企画参加:Valentineは「チョコ」で「勝負」
 10年以上、義理チョコしかもらったことが、なかとです。。勝負をしようにも、相手が見つかりましぇん。寂しか〜。で、遅ればせながらJMさん企画に参加するとです。。。

 チョコの部。1枚目。レッセ・ハルストレム監督2001年作の「ショコラ」。映画もいいけど、ここはサントラで。1曲目は、ジャンゴ・ラインハルト&ステファン・グラッペリの「マイナー・スイング」から始まります。自由な流れ者集団のリーダーに扮したジョニー・デップが自分でギターを弾いてます。D.エリントンの「キャラバン」を。チョコっとですが。

 次は「チョコレート・ミルク」。チャールス&エディの1995年盤。黒+白の2人組混合なんでチョコとミルク。1970年代ソウルのフレーバーをふんだんかつ巧みに混ぜこんであります。「あ、アル・グリーンだ」とか「あ、スタイリスティックス」だとか、聞き覚えのあるフレーズや楽器の使い方や唱法が頻出。甘くて軽くて、もたれない仕上がり。もっと70年代のコクがお望みならば「ホット・チョコレート」もございます。

 勝負編、初めての告白に。また古くなりますが1972年の名曲「Too Late to Turn Back Now」。シンプルな歌詞、ズンドコ・リズム、さっぱり薄味のストリングス。耳に残るサビのメロディ。「アイ・ビリーブ・アビリブ・アビリブ・アビリブ・アム・フォリリン・ラブ〜」と歌うはコーネリアス・ブラザーズ&シスター・ローズ(Cornelius Brothers&Sister Rose)、4人組。こういう実直な歌は無敵であります。いつの時代も。

 勝負編、できちゃった婚の企みに。ケニー・ラティモア&シャンテ・ムーア(Kenny Lattimore & Chante Moore)2003年盤「Things That Lovers Do」。アルバムタイトルも直球で勝負。有名かもしれませんが、ジャケット裏には、ご丁寧にも…

  Warning! This Project may cause pregnancy!
“Well,we got pregnant just making this album, so proceed with caution!”

と書かれてあります。2月15日は火曜日ですが、この際、午後から出社なされませ。

こんなところで。

JMB連携TB::パナマ帽クリスマス
 JMさんからの「JMB連携TB企画 第27弾/Music for Chirstmas!」というお題に乗らせてもらいます。前回記事にしたパナマ帽男、レオン・レッドボーン。彼の1990年盤「クリスマス・アイランド」。クリスマスアルバムでもパナマ帽でアロハオエ〜なぞと相変わらず暢気に歌ってます。ハワイやオーストラリアじゃ、サンタも日光浴やサーフィンを楽しむんであります。
 
 もっと暢気かつ陽気にクリスマスしてるのはブレイブ・コンボの1992年盤「It's X'mas,Man!」。ポルカ、チャチャ、サンバ、スカ、クンビア、ワルツと、得意のダンス編曲。このバンド、「俺たちゃ、こんな色々な音楽に詳しくテクもあるんだぜ」と鼻につくことがあったりしますが、このクリスマス盤は愉快優先でいい。趣味音楽を貫いている(大ヒットで売れることはない)わりに、けっこう息の長いバンドだなあ。

もう1枚。デビッド・グリスマンがマンドリンをたっぷりと聴かせてくれるのは、1983年盤の「アコースティック・クリスマス」。上手いです。さすがです。泣けます。和みます。静かに降り積もる粉雪のごときアルバム。

こんなところで…。

SPONSORED LINKS

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"